【起業を考えている方】起業にかかる実際の費用は!?

これから起業をしようと考えている方に、
実際に起業でかかる費用をお伝えしようと思います!
実際に会社を起こすと、どの位費用が発生するのかなどを記事にします。これは、あくまで私が体験して思ったことですので、全ての方にはあてはまらないかもしれません。その点、ご注意ください。

大前提としてお金が結構かかる

これは当たり前のことかもしれませんが、会社を創るということは結構お金がかかります。

では実際にどのようなお金がかかるか、見ていきましょう!

会社登記の手数料や税金

会社といっても、株式会社にするのか合同会社にすのかで金額が違ってきます。
例えば株式会社にする場合は、27万程かかってきます。
これは、登記の手数料や税金が含まれています。
合同会社の場合は、確か10万円程だと思います。
(私は株式会社にしましたので、合同会社のことは詳しくは分かりません。)

ホームページ作成費用

無事に会社を設立する為の定款ができ、実際に株式会社や合同会社として登記が完了しました。

次にもやることがたくさんあります・・・!

・会社のホームページ作成する為のサーバーやドメインを取得
先ずは、サーバーに契約する。
私は、定番のエックスサーバーにしました!やっぱり高機能や安全性を考慮して、定番の一番使われているのが安心です。具体的な使い方は、エックスサーバーとググれば、たくさんやり方や進め方がでてきますので、そちらを参考にしてください!笑
実際に私も全て独学で会社の登記からHP制作などしてきました。調べながら進めていけば、誰でも一人でできますよ。
起業は一円でも節約するのが重要だと思うので、HP作りを外注やコンサルをいれるなどやらない方がいいです。
(簡単に作成できるので)
ドメインもエックスサーバーで取得できます!

名刺や固定電話回線

次に準備するものは、名刺です。
名刺は、格安にネットで発注することが可能です!
実際に私は、プリスタで発注しました。なんといってもこちらは、とにかく安いのでお得です!

次は、固定回線です。
携帯電話だけでいいでしょうと考えている方も多いと思いますが、実際に起業して銀行から資金を融資してもらう時や、取引先からの信頼を得るためにも、固定電話は持っておいて損はないです!
私は、ソフトバンクの固定電話を申し込みました。
こちらに決めた理由は、やはり一番安かったからです!

自己資金0円でも起業できるのか?

法律が改正され、株式会社の場合は、資本金1円でも登記できるようになりました。

しかし、あくまで「登記ができますよ」ってだけで実際には不可能です。

中には、資本金1円の会社もあるかと思いますが、不可能に近いです!
それは、資本金が1円や1万円の場合、まず当たり前ですが金融機関から融資がおりません。
また法人口座も作れません。

資本金や自己資金はいくら必要?

資本金でいうと、最低でも100万円以上は入れたいところです!

それは、100万あると金融機関の会社の見え方が大きく変わってきます。

経験上資本金は高ければ高い程いいですね!

起業関連の様々な方の記事を見ると、どの方も共通して法人口座を作るのに苦労されています。

実際私も結構苦労しました・・・。

法人の口座関連は、また次回記事にさせてもらいます!

まとめ

結論、お金を貯めてから起業しましょう。笑

私は、100万程の資本金で起業し、資本金以外はあまりなく、勢いで起業してしまいました・・・。

起業には勢いも大事ですが、準備も同じかそれ以上に大切です!

焦る気持ちも痛い程分かりますが、まずは落ち着いて起業の準備に取り掛かった下さい。

このブログでも、起業関連の記事を随時アップさせて頂きます!